株式会社 遊友館
宵闇幻影奇譚:黄泉返り、共に歩むPBW

宵闇の街・華羅市

華羅市 物語の始まり 華羅市案内 -
神宮地区 入江地区 河西地区 学院地区
大河地区 北稜地区 山手地区 瀬戸地区
華羅皇神社 タイガハイタワービル - -
宵闇幻影奇譚公式デザイン - - -


■華羅市(からし)

 神戸市及び西宮市・芦屋市に隣接する人口40万人程度の中規模な都市。

 元々は華羅皇神社の門前町として開かれた地域だったが、明治時代に設立された華羅皇学院(からすめらがくいん)を中心に街づくりが整備された。京都市や奈良市・金沢市などとともに、第二次世界大戦の戦災被害を免れた貴重な歴史的な都市だったが、2001年1月1日に発生した原因不明の大規模な地盤沈下により、街は壊滅的な損傷を受け、古い史跡や町並みの多くを失う。
 災害後は、大規模な復興開発が推し進められ、商業機能を備えた近代的な側面を併せ持つ複合都市となってきている。

 古来より様々な怪異現象の噂が絶えない。
illust by のば

■物語の始まり

 人の死体を化け物へと変える「業魔(ごうま)」
 そして、人でなくなった存在「宵闇の者(よいやみのもの)」と、人を模した存在「業魂(ごうこん)」
 「宵闇の者」と「業魂」「業魔」の関係は、平安の御世には、その研究を生業としていた陰陽師「御門朝臣(みかどあそん)」によってある程度判明していた。彼が開いた「華羅皇神社」では代々、社会的に微妙な立場に置かされる宵闇の者や業魂達を積極的に保護してきた。更に、 歴代の神職の中には、業魔と業魂の研究に一生を費やした者も少なくない。その結果として、華羅皇神社では土地神の華羅姫命(からのひめのみこと:国津神の一人)の力を借りて、業魂の能力を向上させたり、低下させたりする秘術が生み出されてきた。

 20世紀の後半、突如、華羅市における怪異現象の発生件数が増大し、業魔の発生数も飛躍的に増加した。
 増加の一途を辿る業魔への対抗策として、華羅皇神社は1999年7月、華羅市を中心に「宵闇の領域」と呼ばれる結界を張った。「宵闇の領域」は死者の業魔化を抑える効果を持つ。つまり「宵闇の領域」の力を利用して、業魔の発生を業魂の発生へと切り替えるように誘導したのである。
 この結果、業魔の発生件数は減少に転じたものの、以後、過去に例のないペースで宵闇の者と業魂が生まれてくる事となった。

●華羅市のとある風景
 華羅市では、宵闇の者や業魂達は、普段、通常の人間と変わらない生活を過ごしている。
 しかしその裏では、様々な出来事が起こっていた。

『神凪探偵事務所の日常』
『華羅皇学院オカルト研究会の麗かな午後』
『タイガ警備保障心霊対策課 短期警備員契約希望者説明会』

■華羅市案内

●地理
華羅市は兵庫県の南東部の阪神地域(神戸と大阪の中間地)に位置しており、市街地からは大阪・神戸の両都心へ電車(関急・神阪・NR)の利用により20分程度で行ける大変便利な場所に位置している。市内北部の山地と南部の平野に分かれており、南部で大阪湾に面している。

総人口:419,476人(2009年6月1日現在)
総面積:188.71平方km(水没地区含まず)
東西:16.44km
南北: 9.35km(水没地区含まず)
南北:14.31km(水没地区含む)

●気候
気候は山間部と平野部で大きく異なるが、市内全体では瀬戸内海式気候となっている。大阪湾に流れ込む暖流の影響で、気温はそれほど下がらず年平均気温16度程度と大変過ごしやすい気候の中にある。

●河川
二級河川が2水系ある。華羅川は、市の東部を流れており、隣接する芦屋市との境界となっている。多福川は、市の西部を北から南に市街地を通って、海に繋がっている。大河地区及び入江地区と、山手地区及び河西地区の境界となっている。

●山
華羅山:北東部にそびえる霊山(標高497m)
六甲山系南お多福山:市北部に広がる山、多福温泉がある(標高631m)
illust by のば
●隣接する自治体
神戸市東灘区、神戸市北区、芦屋市、西宮市

●歴史
弥生時代の遺跡や古墳時代の古墳が多く見つかっている。
奈良時代から平安時代にかけて華羅皇神社など、多くの神社仏閣が開かれる。
華羅皇神社の門前に開けた宮ノ下町は14世紀には市場が設けられて商業の中心となり、江戸時代を通じて宿場町として栄えた。
明治時代に、日本で初の風俗学・文化人類学を専門とする華羅皇学院が創設される。隣接する神戸が国際港と発展していくのに伴って、日本文化の窓口としての地位を築き、日本で有数の学術研究都市となる。

●交通案内
「鉄道」
 華羅市を東西に貫く形で3路線が走っている

・関急(電鉄)神戸線
<東側から> 芦屋川(兵庫県芦屋市) →4分→ 宮ノ下 →6分→ 山手 →4分→ 岡本(神戸市東灘区)
・NR西日本神戸線
<東側から> 芦屋(兵庫県芦屋市) →7分→ 華羅皇学院口 →4分→ 大河 →4分→ 華羅山手 →7分→ 甲南山手(神戸市東灘区)
・神阪(電鉄)本線
<東側から> 芦屋(兵庫県芦屋市) →6分→ 華羅皇学院 →4分→ 大河 →4分→ 多福川 →6分→ 深江(神戸市東灘区)

「バス」
・大河中央バス(市内全域)

「道路」
 東西に華羅市を貫く形で幹線道路及び高速道路がある
・国道2号線
・阪神高速3号神戸線
 <東側から>
 芦屋(兵庫県芦屋市) → 華羅皇学院地区 → 深江(神戸市東灘区)
・阪神高速5号湾岸線
 (市街地ではなく瀬戸区南部の海の上を通っている)

●市議会(定数45)
民主自由党(12)
主民党(12)
公民党(9)
共和党(5)
無所属(7)

●主な公共施設
華羅警察署/瀬戸警察署
華羅消防局/北消防署/学院消防署/大河消防署/南消防署/宮ノ下分署/山手分署/河西分署/瀬戸出張所
華羅中央郵便局/華羅皇学院郵便局
華羅皇学院付属病院/私立タイガ病院
華羅銀行(通称:華銀)

illust by のば
●主なコンビニ
・R_STORE
 タイガーグループ系列のコンビニエンスストア。地域に根差した出店展開で、華羅市内のコンビニを事実上独占している

●行政区分
 北稜地区 / 神宮地区 / 学院地区 / 大河地区 / 入江地区 / 山手地区 /河西地区 / 瀬戸地区


■宵闇幻影奇譚公式イラストデザイン

宵闇幻影奇譚 公式デザイン設定


■神宮地区
(位置:北東/特徴:門前町、古い町並み)

 起伏に富んだ地形が大きな特徴で、北部には華羅山がそびえ、東部に華羅川が流れる水と緑に恵まれた地区である。

 神宮地区の歴史は古く、特に平安時代には数多くの神社仏閣が建立されて、朝廷の祭事政策上、重要な役割を果たしていたと推測される。

 中心となる華羅皇神社の周囲には門前町が広がり、景観規制により現在も数多くの史跡が残されている。木造の古い家屋が立ち並び、多くの道の角には地蔵や道祖神が祀られている。

 地区の高齢者数、高齢化率はともに市内第1位であり、高齢者をはじめとした市民の健康づくりや地域の福祉を推進し、誰もが安心して住み続けられるまちづくりが求められている。

illust by のば


■入江地区
(位置:南/特徴:裏街)

 明治時代以降は、海水浴場・漁業等で知られていた。

 高度経済成長期に始まった瀬戸湾の埋め立てにより、臨海部は阪神工業地帯の一翼を担うようになり、古くからの町並みと高度経済成長期に開発された新興住宅地、そして臨海部の工業地帯が混在する区へと成長していた。

 2001年の華羅水没災害により、地区の8割近くが水没する。災害復興の際に、完全に水没していた地域を瀬戸地区として分離した。

 最近の傾向としては、復興の進みが遅く、犯罪の増加に歯止めが掛からない状態であり、事実上見捨てられた地区になっている。


illust by のば


■河西地区
(位置:西/特徴:ベットタウン地区)

 古くは、緑豊かな自然丘陵に囲まれた農村地域であったが、国道2号線沿いに市街地が発達した。

 高度経済成長期には、宅地開発・市街化が進み、その後も大規模な開発が行われている。その一方で、河西浜臨海公園など自然が残されており、散歩にもってこいの場所が数多くある。

 また、海岸部では株式会社タイガ警備保障によるリゾート開発が進んでいる。


illust by のば


■学院地区
(位置:中央東/特徴:学園下町地区)

 明治時代に創設された華羅皇学院と学生街で構成されている。
 地区面積の70%は華羅皇学院の私有地であり、華羅市が「学術・文化の街」として発展していく中で、中心的な役割を担ってきた。

 神宮地区と同じく景観規制があり、その為に大規模店舗の進出が少なく、地元商店街とコンビニが多い。

 華羅皇学院は初等部から大学部まで設置されている為、地区内の学生人口は極めて高く、学生の街として活気が溢れている。


illust by のば


■大河地区
(位置:中央西/特徴:ビジネス地区)

 元々は学院地区の一角であったが、2001年の華羅水没災害の後、入江地区にあった官公庁が移転してくるのに合わせて、株式会社タイガ警備保障が一気に開発を推し進めて発展した。

 現在は最先端ビジネス街であり、昼間人口と夜間人口の差は他の地区とは比較にならない。近代的で巨大な高層建築物が林立し、豊富な品揃えを誇る百貨店やスーパー、アミューズメント施設等が連なり、有数のショッピングエリアともなっている。

 現在の華羅市の中心地区であるが、タイガ警備保障の占領地区と揶揄される事もある。


illust by のば


■北稜地区(位置:北/特徴:山林地区)

 面積に対する緑地の割合が非常に高く、特に、北部には大規模で良好な自然が残り、市における緑の一大拠点のひとつとなっている。
 北稜地区から南へと流れる多福川の上流部は自然の姿をとどめ、下流部は自然観環境に配慮した河川改修が行なわれ、鳥や木々等の生き物を眺めながら、ゆったりと散策することができる。
 西部には多福温泉があり、市内の憩いの場所となっている。
 自然環境に恵まれた北稜地区は、農業も盛んで、生産される野菜や果物、花の種類も豊富である。


■山手地区(位置:北西/特徴:高級住宅地区)

 当初は静かな農村地帯でしたが、30年代後半の高度経済成長期以降、宅地開発が進み、人口が増加した。
 山手地区の特色として、計画的に整備された美しい街並みが挙げられる。
 全市の中でも群を抜いて多い街路樹が、戸建て住宅を中心とした閑静な住宅街を彩り、散策を楽しむ区民の姿が多く見受けられる。
 市外からの転入者が多く、この良好な住環境に惹かれてのことだと言われている。


■瀬戸地区(位置:海/特徴:水没した地区)

 元入江地区の南部。2001年の華羅水没災害により水没した地域を、特別地区として扱う為に瀬戸区として独立させた。
 現在もなお、災害の実態調査が続けられている。



■華羅皇神社(からすめらじんじゃ)

 平安時代にとある怪異現象の考察に一生を捧げた陰陽師「御門 朝臣(みかど あそん)」により開かれた神社。霊山で知られる華羅山の麓に建立され、本殿・外拝殿・内拝殿・幣殿の4つの建物で構成されている。平城京以来の名家である御門一門が、代々神主を務めている。土地神の華羅姫命(からのひめのみこと)を祭神とする。

 現在の華羅市の中心部からは北東に外れた地区にあるが、元々は華羅皇神社の門前に開けた宮ノ下町が華羅市の土台である。神社の周囲には木造の古い家屋が立ち並び、多くの道の角には地蔵や道祖神が祀られている。

 地域一帯の精神的支えであり、怪異現象に悩まされる人々の駆け込み寺となっている。

illust by ふぉ〜ど


■タイガハイタワービル

 華羅市の支配者とも呼ばれている株式会社タイガ警備保障の本社ビル。2012年に完成する東京スカイツリー(610メートル)よりも高い777メートルを誇る。超々高層ビル「タイガハイタワービル」を中心とした複合施設であり、多くの企業テナント及び文化施設が入居している。中心となるタイガ警備保障区域の他に、テナント区域、屋外型イベント区域、ショップ&ブティック区域、レストラン区域及び住居区域等に分かれている。

 非常用送信設備が備わっており、いざという時には各種電波の放送が可能である。また巨大さ故に周囲に電波障害を発生させているが、該当地域に対しては、タイガ警備保障の自費によってCATVが敷設されている。

 夜になると美しくライトアップされる為、関西有数の夜景スポットとなっている。

illust by のば
戻る

Copyright(C)2009-2010 YOU-YOU-KAN Corporation. All Rights Reserved.